個人再生を計りましたが前に見えてる事が不安だけしかなく法テラスに行き弁護士に相談しました

            

私は社会人になりたての頃に友人にお金を借りた経験がございます。1

0万円でしたのでそこまで大きい金額ではなかったのですがその10万円を借りた事で人間関係の距離が離れたような経験でした。友人でしたので債務整理といっても個人再生のような物でして言葉でいつまでに返金する事の約束をして三か月で10万円を返すことになりました。それが仕事に影響はしなかったですし仕事がやりずらくなる事もプライベートで収まったのでありませんでした。

私の経験はあまり濃いものではありませんでしたが、知人の濃い経験をお話ししたいと思います。

知人は消費者金融と銀行から会社をする資金として3000万円を融資してもらい月々の返済日も決めて借りたのですがその知人は仕事にもお金をかける生活、プライベートでもお金をかける生活をしておりましたので返せる余裕がなく金利だけが増え続けて仕事にも集中できなくて会社の人間にも冷たい目で見られて職場では信用がなくなり仕事をせずに経営の道だけを行く事に自分を信じて経営を早く成功しようと一本にしました。

それが裏目に出ましてやっぱりお金がない事で焦ばかりで何も良い方向に進まずにやがて家賃も支払えなくなるような結果になり何より自分が生活が出来ない状況になりまして個人再生を計りましたが前に見えてる事が不安だけしかなく法テラスに行き弁護士の先生と話をした結果で決めた事が自己破産でした。

自己破産をして困った事も知人から話を聞くと就職にも就職後の人間関係も何もかも影響があり身の心の狭さに悩まされたそうです。私はその話を聞いて自己破産をすると自分の人生や家族や両親に心配と迷惑をかける事ばかりで自殺した方がいいのではないかと追い詰められる状況になった知人の気持ちが伝わって来ました。

私も少ししか力を貸せなかった事は申し訳ない気持ちでした。金融機関にお金を借りる事をさけて自分の日々の貯金や生活のやりくりを健全にしていく事が社会人としてとても大切な事と認識し自分で生活をしております。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です