個人再生実績豊富な弁護士・条件と生活資金の余力

            

個人再生の手続きを行えば、基本的には借金は減少します。20%程度に減少するメリットは、確かに大きいです。

しかしその手続きには、いくつか条件もあります。その中で一番大切なのは、生活のやり繰りが可能であるか否かです。

生活の為には、もちろん収入を得る必要はあります。それに対して、生活に関する様々な支出もあるのですが、それに余裕がなければ手続きは困難なのです。

一般的には、3万円を上回っているかどうかが、条件の1つになります。例えば現在の収入が20万円で、支出が19万円などの状態ですと、個人再生は少々難しいと考えて良いでしょう。
なぜなら収入から支出を引きますと、1万円になるからです。3万円を下回っていますので、原則として個人再生は難しいのです。
逆にその数字が3万円を上回っていれば、個人再生をする事はできます。ある程度生活に余裕が無いと、やや難しい手続きなのです。誰でも実行可能な手続きではありませんから、注意が必要です。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です