個人再生とは?

            

債務者と相談の上で返済できる金額を決定するのが「任意整理」であり、社会的信用は一定低下してしまうものの、大きな影響はありません。「自己破産」というのは全ての債務を0にしてもらう代わりに著しく社会的信用を失ってしまいます。その中間の制度と言えるのが「個人再生」という制度です。

個人再生を利用する人で多いのはギャンブル依存症などで、多額の借金を背負ってしまった人が挙げられます。というのもギャンブルで作ったしまった借金であれば、自己破産をすることが出来ません。しかし個人再生であれば、債務の内容を問われない為に、個人再生の制度を利用して、債務を大きく減額してもらうことが可能なのです。ただ、誰しもが認められるわけではありません。大きく減額してもらったとしても、その支払を遅延してしまったりするようなことがあれば、個人再生の申請が認可されたとしても、それがきっかけで取り消されてしまうこともあります。その言葉が示す通り、あくまでも個人がやり直すチャンスをもらえる制度なので、決して安易には考えてはいけません。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です