借金の体験談

            

じぶんは現在でありますが30歳の男性会社員をおこなっております。これはじぶんが25才のときの体験談となっております。

じぶんが今でこそは借金などはありませんが、20歳のときに多額の借金がありました。それをじぶんで処理をすることができず、親戚に知り合いの司法書士の先生を紹介していただき、債務整理の一つである、個人再生をおこなっていただきました。じぶんは高卒で現在勤めている会社に入社をさせていただきました。現在でこそは人間関係なども非常に安定をしておりますが、当時は人間関係などがほんとうにうまくいきませんでした。

仕事はそこまでずば抜けてできるほうではありませんでしたが、それでもそこそこはできるほうであったと思います。ですが、周りの同期入社の社員が一つだけでもずば抜けて素晴らしいスキルを持っており、例年よりは異例の特徴をもった年度入社の人ばかりだったのです。それでその同期と自分と先輩や管理者の方が比較をしてしまい、どうしてもじぶんが劣等社員というレッテルなどもはられてしまいました。

仕事ばかりが人生ではないと慰めてくれる先輩などもいましたが、それが影響をしてしまい、後輩などにもバカにされてしまいました。そのストレスを解消させるためにじぶんがとった手段がありました。それがギャンブルであります。最初はほんとうに鬱憤晴らしのつもりでありました。22歳まではしっかりと給料の範囲で対処をおこなっておりましたが、23歳のときに毎日10万円以上勝った時期があり、一月で100万円以上収益を得たこともありました。

当時はスロットの4号機なども稼動をしていたので、余計に勝ちやすい環境であったかもしれません。そのときにじぶんはギャンブル依存症に陥りました。会社の人間関係がどれだけ悪化しようともギャンブルを行うことでそれを解消させることができていたのです。ですが時代が代わり、4号機から5号機に変わったときなどには全く勝てなくなってしまいました。

でもギャンブル依存からは抜け出すことができず、それからは給料の範囲で対処をすることができなくなってしまったのです。最終的にはギャンブルで勝とうが負けようがどうでもよくなってしまいました。

大当たりをだす感覚を得ることができればそれいいとおもってしまったのです。25歳のときにはじぶんは結婚もしており、住宅も購入をしておりました。ですが妻にも内緒にしている借金がそのときには200万円以上に膨れ上がっていたのです。会社にも金融会社から電話がかかってきてしまい、じぶんが借金をしていることがばれてしまい、このままではほんとうにまずいと思い、じぶんは両親や親戚などにも相談をさせていただき、そのときに司法書士の先生を紹介していただきました。

じぶんには住宅ローンなどもあたので、こちらの個人再生がぴったりであるといわれ、手続きをさせていただき、3年間で借金を完済させることができました。現在では精神的にも安定をして毎日生活を送ることができております!



法テラス 個人再生相談

の個人再生については、法テラスでも相談可能です。

法テラス法律事務所 個人再生相談

の個人再生については、法テラス法律事務所でも相談可能です。

弁護士会

所属の弁護士については、下記、弁護士会に相談可能です。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です